社協ニュース

ホーム 社協ニュース マーク:全て

マーク:お知らせ 福祉活動のリーダーとして〜代表福祉委員連絡会議を開催〜 2020/10/07

クリックでウィンドウを開きます

 宍粟市社協では、福祉連絡会を中心とした小地域福祉活動を推進していますが、福祉関係者(自治会長、福祉委員)の協議・研修の場として毎年開催の、小地域福祉活動説明会(5月)や福祉委員研修会(7月)が中止になるなど、新型コロナウイルスの感染拡大や緊急事態宣言により大きな影響を受けました。
 秋に入り、コロナ終息の目途が立たない中ではありますが、「代表福祉委員連絡会議」を各支部で開催しています(山崎10/5・一宮10/19・波賀10/8・千種10/12)。
 連絡会議では、8月に完成しました「第4次地域福祉推進計画(支え合いふくしプラン)の説明をはじめ、福祉委員の役割、コロナ禍での各自治会の取り組み紹介、自治会別人口ピラミッドの配布など、代表福祉委員のみなさんが、福祉活動のリーダーとして安心して活動いただけるよう、さまざまな情報をお届けしました。
 ※写真は、山崎会場の様子(宍粟防災センター)

添付ファイル

このページの先頭へ

マーク:お知らせ 第4次地域福祉推進計画(愛称:支え合いふくしプラン)が完成! 2020/09/03

クリックでウィンドウを開きます

 6月に策定しました第4次地域福祉推進計画につきまして、このたび、計画書の本編と概要版が完成しました。
 昨年9月から、第4次地域福祉推進計画策定委員会を開催し、企業、教育、健康、介護、医療、当事者支援、地域の活性化、行政、社協など、幅広い分野から15名が策定委員として参画。第4次計画で重要なテーマである「地域共生社会」の実現に向けた話し合いを進めました。
 「みんなですすめよう ふくしでまちづくり 〜“ほっとけない”を ほっとかない宍粟に〜」を、今後5年間でめざす地域福祉目標として定め、8つの活動目標と3つの社協目標を設定。計画の全体像は、総合体系図(添付ファイル)のとおりで、「見やすい」「分かりやすい」デザインにしました。
 また、地域、団体、行政、社協などが連携・協働を図りながら“支え合い”を進める本計画にふさわしい愛称として、第3次計画に続いて、「支え合いふくしプラン」と名付けました。
 計画書は、各支部に置いている他、ホームページでご覧いただけます。(写真は、策定委員の加藤智子さん(左)と本会職員)

添付ファイル

このページの先頭へ

マーク:トピックス 関西大学法科大学院の弁護士による無料法律相談を開催 2020/08/20

クリックでウィンドウを開きます

 宍粟市社会福祉協議会では、8月20日(木)、宍粟防災センターで、関西大学法科大学院の弁護士(教員)による「無料法律相談所」を開設しました。
 この相談は毎年8月に開催しており、当日は、直接弁護士に相談できる機会として、定員21名に対し17名の申込みがありました。
 3部屋に分かれ、日常生活における悩みの中で、法律的な知識を必要とする諸問題について弁護士(3名)が応じました。また、この相談は、関西大学法科大学院の教育の一環として行い院生が同席しました。

このページの先頭へ

マーク:トピックス 点訳ボランティア講座 2020/08/13

クリックでウィンドウを開きます

 7月22日から点訳ボランティア講座を3回に渡り開催し、初めての方や点訳グループあいのメンバーなど8名が参加しました。
 アイマスクを着用し、サランラップやアルミホイルの違いを感じたり、料理のメニュー表を耳からの情報を頼りにイメージしたりしました。
 視覚障がいと一言でいっても症状は人それぞれ違うこと、音声機器などの普及や指で読むことが困難なことから点字離れが進む中、点字も大切なツールのひとつであることを学びました。
 この講座で学んだ視覚障がい者の視点を大切に、点字を活かしてその人に寄り添ったサポートをこれからの活動や学習の場に活かしてください。

添付ファイル

このページの先頭へ

マーク:お知らせ 無料法律相談のお知らせ 2020/07/27

クリックでウィンドウを開きます

宍粟市社会福祉協議会から、無料法律相談のお知らせです。

8月20日(木)、宍粟防災センターで、無料法律相談が行われます。
時間は、午前11時から午後5時までで、一人およそ40分の相談ができます。
相談員は、関西大学法科大学院の弁護士です。定員は21名で、事前に予約が必要です。
詳しくは、チラシをご覧いただくか、社会福祉協議会山崎支部(? 0790−62−5530)まで問合せください。


無料法律相談のお知らせでした。

添付ファイル

このページの先頭へ

マーク:お知らせ 令和2年度 敬老会運営補助金申請書・実施報告書 2020/07/02

 令和2年度の敬老会につきましては、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、敬老会の開催だけでなく、記念品の贈呈のみの場合でも補助の対象となります。
 そのため、従来の申請書及び報告書の様式が変更しています。新しい様式は添付ファイルからダウンロードをお願いします。 

添付ファイル

このページの先頭へ

マーク:募集 「宍粟市善意銀行マスクポスト」の設置について 2020/06/11

クリックでウィンドウを開きます

新型コロナウイルス感染症の影響により、感染予防のためのマスクは欠かせない存在となっています。そこで、宍粟市社会福祉協議会では、家庭や企業等の中で余裕のあるマスクを集め、必要とする医療機関や福祉施設、保育施設等に配布し、市内の医療・福祉を支える取り組みを行うため、下記の場所に『宍粟市善意銀行マスクポスト』を設置します。
 マスクは「思いやりマスク」の名称で、善意銀行の物品預託として受け入れます。
 みなさまのご協力をお願いいたします。


〇対象マスク
 開封していない未使用のマスク(生地の種類は問いません。)


〇設置場所
 1. 宍粟市役所
 2. 宍粟市役所北庁舎
 3. 一宮市民協働センター
 4. 波賀市民局
 5. 千種市民局
 6. 宍粟市社会福祉協議会 本部・一宮支部
 7. 宍粟市社会福祉協議会 山崎支部
 8. 宍粟市社会福祉協議会 波賀支部
 9. 宍粟市社会福祉協議会 千種支部


〇設置期間
 6月15日(月) 〜 8月31日(月)

このページの先頭へ

マーク:募集 点訳ボランティア講座のご案内 2020/06/10

クリックでウィンドウを開きます

視覚に障がいのある方への理解を深めるとともに、実際に点字を打って点訳について学びましょう。

講座は全3回です。講師として兵庫県視覚障害者福祉協会の 小林 由夏(こばやし ゆか)さん、増山 夏絵(ますやま なつえ)さんにお越しいただきます。
点字に興味のお持ちの方、経験のない方も大歓迎です。

日程は下記のとおりです。詳しい内容は添付ファイルのチラシをご覧ください。
締切は7月15日(水)まで。定員は15名です。みなさまの申込みをお待ちしております。


1日目 7月22日(水)13:30〜16:30

2日目 7月29日(水)13:30〜16:30

3日目 8月5日(水)13:30〜16:30

添付ファイル

このページの先頭へ

マーク:お知らせ 緊急事態宣言の解除にともなう地域活動の再開に向けて 2020/06/08

クリックでウィンドウを開きます

 「緊急事態宣言」が解除となりましたが、国が示した「新しい生活様式」のもと、感染防止の3つの基本である、○身体的距離の確保(ソーシャルディスタンス)、○マスクの着用、○手洗い を守りながら、あらゆる場面において「3つの密(密接・密集・密閉)」を避ける対策が求められています。
 地域においても、これまでの交流や集いの場(ふれあい喫茶・サロン、ボランティア活動、会議、当事者のつどい、イベント等)など、参集しながらつながりづくりを行ってきた方法がとれない中で、戸惑いもあり、感染を防ぎながらどのような活動が行えるのか不安の声が寄せられています。
 そこで、宍粟市社会福祉協議会では、安心して地域活動を展開していただけるために、国や県が示すガイドライン(指針)をもとに、活動を行う上で注意すべきポイントをまとめました。

添付ファイル

このページの先頭へ

マーク:お知らせ 新型コロナウイルス感染症関連による行事の中止・延期について 2020/02/27

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防ぐため、別添に記載する行事を中止・延期させていただきます。
 関係者の皆さまには大変ご迷惑をおかけしますが、ご了承いただきますようお願いします。

添付ファイル

このページの先頭へ