社協ニュース

ホーム 社協ニュース マーク:全て

マーク:トピックス 初笑い!やすらぎ新年会 2018/01/04

クリックでウィンドウを開きます

1月4日(木)、やすらぎ介護センターで「やすらぎ新年会」を開催し、ご利用者29名と職員がいっしょになって新年のお祝いをしました。

この日は、職員が二人羽織や獅子舞を披露し、ご利用者の笑顔であふれました。

「よう笑うたわ〜ええ年になりそうやな」との声も聞けました。

ご利用者のみなさま、たくさん笑って楽しい一年を過ごしましょうね。
本年も、やすらぎ介護センターをどうぞよろしくお願いいたします。

添付ファイル

このページの先頭へ

マーク:トピックス サンドアートで楽しいクリスマス会 2017/12/20

クリックでウィンドウを開きます

 12月20日(水)、三方町交流センターで一宮子育てサロンを開催し、親子あわせて17人が参加されました。今月のサロンにはサンドアーティストの世良華子さんが出演し、素晴らしいパフォーマンスを披露されました。サンドアートとは砂を使って次々と絵を描いていき、描く様子をスクリーンに映し出して見せる芸術作品です。
 サロンに来た親子は、次々に変わっていく砂の芸術を楽しそうに見入っていました。また、世良さんの指導のもとサンドアートに挑戦し、
「砂がサラサラ!」「アンパンマン描いて!」と普段の砂遊びとはまた違った体験を楽しみました。

添付ファイル

このページの先頭へ

マーク:トピックス 在宅介護者のつどい『あゆみの会』 2017/12/12

クリックでウィンドウを開きます

 12月12日(火)エーガイヤちくさの屋内運動施設を会場に、在宅介護者のつどい「あゆみの会」を開催しました。
 当日は、葉牡丹他7種類の苗を植え、お正月に向けて寄せ植えを行い、「きれいに植えれたな」と、みなさんとても満足そうでした。
その後の茶話会では、普段の悩み事や楽しかったこと、次回の予定など話し合い「楽しかったな、また会おうね」「寒くなるからお互い体には気を付けようね」「来月来るのが楽しみやね」等の声が聞かれました。
 このように「あゆみの会」では、みんなで毎月楽しい時間を過ごしています。これからも介護者の楽しみや励みになるようなつどいの場を提供していきます。

添付ファイル

このページの先頭へ

マーク:お知らせ 婚活 男のための男塾 開校 参加者募集中! 2017/12/05

クリックでウィンドウを開きます

 平成30年2月3日(土)午後4時から、宍粟防災センターにおいて「婚活を戦い抜くテクニックを身につける!男のための男塾!!」を開校します。
 今回は市内独身男性を対象に、女性を楽しませる会話術や上手く付き合えるためのコツなど講師による「モテ力UP☆婚活必勝法!」アドバイスを受けながら、参加者と講師・結婚相談員による懇親会で楽しいひと時を過ごします。
 申込みは必要事項を明記の上、宍粟市出会いサポートセンターまで。
 独身男性の皆さん!参加をお待ちしています。

このページの先頭へ

マーク:トピックス こころあったかカフェ 2017/12/01

クリックでウィンドウを開きます

 あったかカフェは、本会千種支部と千種地域福祉推進委員会で協力し、地域のつながりを深める集いの場として年2回開催しています。
 12月2日(土)千種保健福祉センターを会場に「こころあったかカフェ」を開催しました。
今回は、千種町内で活躍されている福祉関係者(更生保護女性会、宍粟市身体障害者福祉協会、宍粟市老人クラブ連合会、ボランティア連絡会、民生委員・児童委員協議会、保護司)の方をご招待し、テーブルごとに自分たちの活動内容や大切にされていること等をお茶を飲みながら語り合いました。
「いろんな活動があることが分かって良かった」「こうやってみんなで集まることが大事やね」との声も聞け、千種町の福祉活動について改めて知る機会になりました。
また、暮らしがいのある町にしていかなあかん!との声も聞けさまざまな情報をみんなで共有できた大切な機会になりました。
今後もこのような集いの場を行い、みんなで栄々人来(ええとこ)を語り合いながら誰もが安心して住みやすいまちになるよう取り組んでいきます。

添付ファイル

このページの先頭へ

マーク:お知らせ 今年も歳末たすけあいにご協力を! 2017/11/30

クリックでウィンドウを開きます

 今年も明日12月1日から歳末たすけあい運動が全国一斉に始まります。

 宍粟市社協の本部(一宮保健福祉センター)の玄関でも、来所される方々に協力を呼びかけるため、夕方に「愛の鍋」を設置しました。

 歳末たすけあい運動は、地域のだれもがあたたかいお正月を迎えるために行われるもので、宍粟市社会福祉協議会では、みなさんからお寄せいただく募金を活用し、ひとり暮らし高齢者へのあったか灯油配達サービスや歳末特別給食サービス、特製カレンダーの配布などを行います。

 また、ひとり親家庭の新入学児童へのランドセルの購入補助事業や、赤い羽根こども劇場などにも活用します。

 今年もみなさまのあたたかいご協力をよろしくお願いします。

このページの先頭へ

マーク:お知らせ サンタクロースがやってくる!サンタクロース派遣事業 2017/11/10

クリックでウィンドウを開きます

年末年始をだれもが地域であたたかく過ごせるようにと市民のみなさまからお寄せいただいた『歳末たすけあい募金』を活用し、サンタクロースの派遣を行い、子どもたちへ夢の時間をプレゼントします!

 派遣対象: 市内の保育所や幼稚園、福祉施設等
 派遣期間: 12月1日(金)〜12月25日(月)
 申込期日: 派遣日の1週間前までに申込みが必要です。
        ※12月18日(月)を最終受付とします。
 派遣費用: 無 料
 その他 : プレゼントは申請者でご準備いただきます。
       サンタクロースは地域のボランティア及び社協役職員が行います。

添付ファイル

このページの先頭へ

マーク:お知らせ 11月1日から 募金百貨店プロジェクト 始まります! 2017/10/31

クリックでウィンドウを開きます

 宍粟市共同募金委員会では、今年も11月1日から市内の6つの事業所(お店)と協力して、「募金百貨店プロジェクト」に取り組みます。

 「募金百貨店プロジェクト」とは、共同募金運動の新しいカタチとして全国的に取り組まれている募金手法で、プロジェクトに協力いただく事業所(お店)で対象となる商品を購入したり、サービスを利用することで、その売り上げの一部が共同募金となる仕組みです。

 下記の6つの事業所(お店)で11月30日(木)まで取り組みますので、みなさまのご協力をよろしくお願いします。

 
 ☆揚げかきもち1袋購入される毎に5円の募金
  
  ○道の駅みなみ波賀
   (宍粟市波賀町安賀8-1 電話0790-75-3999)

  ○道の駅はが
   (宍粟市波賀町原149 電話0790-75-3711)
 
 ☆入浴大人ひとり利用される毎に2円の募金
 
  ○一宮温泉まほろばの湯
   (宍粟市一宮町三方町624-1 電話0790-74-8164)

  ○波賀不動滝後援 楓香荘
   (宍粟市波賀町原625 電話0790-75-2355)

  ○フォレストステーション波賀
   (宍粟市波賀町上野字上東山1799-6 電話0790-75-2717)

  ○伊沢の里
   (宍粟市山崎町生谷214-1 電話0790-63-1380)

※写真は、道の駅みなみ波賀、波賀の「揚げかきもち」


 

このページの先頭へ

マーク:お知らせ 「婚活セミナー 親の交流会」のお知らせ 2017/10/02

11月10日(金)午後1時30分から、宍粟防災センターにおいて「婚活セミナー親の交流会」を開催します。今回は子どもの結婚を心から願っている親同士の情報交換と交流会です。参加の対象や申込み方法等については、添付ファイルのチラシ及び参加申込書をご覧下さい。

添付ファイル

このページの先頭へ

マーク:トピックス “ホンモノ”の支え合いって何だろう… 〜支え合いの地域づくり講演会レポート〜 2017/09/04

クリックでウィンドウを開きます

 9月2日(土)午後1時30分から、ご近所福祉クリエーターの酒井保さんを講師に迎え、『“ホンモノ”の支え合いって何だろう…』をテーマに講演会を開催しました。
 会場の宍粟市立神戸小学校体育館には、市内外から300人の参加があり、お互いさまで見守り・支え合える地域づくりについていっしょに考えました。
 酒井さんの話は本当に引出しが多く、「江戸時代には暮らしの中に見守りや支え合いがあった」「気にし合う場面づくりが必要」と言った支え合いに欠かせない視点や、「社会参加や運動に加え、よく“肉料理”を食べることが、虚弱(フレイル)予防につながる」と言った健康長寿のポイントに至るまで、分かりやすく、楽しくお話しいただきました。
 続いて、地域の支え合い活動について、地域見守り会議(福祉連絡会)やふれあいサロン、空き家を活用した集いの場、配食サービスなど社協職員が事例を紹介し、さまざまな「お宝(支え合いの取り組み)」が宍粟市にあることを共有しました。
 また会場では、「食のセーフティネット事業」として、みなさんの家庭で眠っている食品・食材の提供を呼びかけ52件の協力がありました。受付けた食品等は宍粟市善意銀行でお預かりし、生活困窮者支援の取り組みに活用させていただきます。
 今回の講演会には、OHPしそう(要約筆記)さんや、宍粟手話サークル連絡会のみなさんをはじめ、たくさんの方々にご協力をいただきました。本当にありがとうございました。

添付ファイル

このページの先頭へ