社協ニュース

ホーム 社協ニュース マーク:お知らせ

マーク:お知らせ サンタクロースが宍粟にやってくる!! 2015/11/16

クリックでウィンドウを開きます

 年末年始を地域であたたかく過ごせるようにと市民のみなさまからお寄せいただいた『歳末たすけあい募金』を活用し、サンタクロース派遣事業を行います。サンタクロースは地域のボランティアのみなさんの協力や社協役職員で行い、子どもたちへ夢の時間をプレゼントします!

 派遣対象: 市内の保育所や幼稚園等
 派遣期間: 12月1日(火)〜12月25日(金)
 申込期日: 派遣日の1週間前までに申込みが必要です。
        ※12月18日(水)を最終受付とします。
 派遣費用: 無 料
 その他 : プレゼントは申請者でご準備いただきます。
       サンタクロースは地域のボランティア及び社協役職員が行います
 問合せ : 社協本部TEL72−8787 FAX72−8788

添付ファイル

このページの先頭へ

マーク:お知らせ 社協発足10周年記念式典 講演会にぜひお越しください! 2015/08/20

クリックでウィンドウを開きます

 宍粟市社会福祉協議会は、今年7月1日発足10周年を迎えました。
 これを記念し、次のとおり10周年記念式典と記念講演会を開催します。
 記念講演会は岩手県北上市にお住まいの笹原留似子さん(復元納棺師)をお迎えし、
「こころのおくりびと 3.11大震災から」と題して、大震災後の復元納棺師としてのボランティア活動について感動的なお話をしていただきます。
 命の重さと尊厳について参加者のみなさんといっしょに考える機会とします。

 1 日時  平成27年9月6日(日)午後1時から午後3時45分まで
 2 会場  宍粟市山崎文化会館ホール

 入場無料。事前のお申し込みは要りません。

添付ファイル

このページの先頭へ

マーク:お知らせ 災害ボランティアセンター模擬訓練中です 2015/01/25

クリックでウィンドウを開きます

 宍粟市社会福祉協議会では、平成27年1月25日(日)午前10時から一宮保健福祉センターで『災害ボランティアセンター模擬訓練』に取り組んでいます。
 この訓練は、水害や地震など大規模な災害が発生した場合に、災害ボランティアセンターを立ち上げ、より迅速な対応ができるよう毎年取り組んでいるものです。
 今回の訓練では、本会の役職員の他に一宮保健福祉センターがある閏賀自治会長など住民の方やボランティア、災害ボランティア養成講座修了者にもご協力いただき、被災者役やボランティア役、炊き出し役として参加いただいています。
 訓練は12時30分まで行い、その後訓練の反省をして今後の社協活動に行かすことにしています。
 
 ※写真はボランティア受付の訓練を行っている本会職員
 

添付ファイル

このページの先頭へ

マーク:お知らせ 新しい年の始まり!社協の存在を示す1年に!! 2015/01/08

クリックでウィンドウを開きます

 平成27年 新しい年の始まりにあたり、1月5日(月)午前8時から 一宮保健福祉センターで「年賀式」を行いました。
 式では森本都規夫会長から示された『平成27年の行動訓』を山本事務局長が説明しました。 また、今年4月1日から施行される「生活困窮者自立支援法」や介護保険制度の改正など社協の存在が問われる1年になるので、職員ひとりひとりが自分の職務に全力を尽くしてほしいと話しました。
 話しを聞いた職員は、「今年も1年みんなでがんばっていこう」と職務への思いを新たにしました。そして、元日からの積雪が残る一宮保健福祉センターをデイサービスやホームヘルパーの車が出発していきました。
 宍粟市社協では、今年も役職員一丸となって宍粟市の地域福祉推進のため努力して参ります。みなさまのあたたかいご支援、ご協力をよろしくお願いいたします。
 ※写真は山本局長(写真右端)が読み上げる『行動訓』を聞く職員

添付ファイル

このページの先頭へ

マーク:お知らせ 赤い羽根共同募金運動スタート! 2014/10/03

クリックでウィンドウを開きます

 今年も10月1日より、「やさしさが必ずとどく赤い羽根」をスローガンに赤い羽根共同募金運動が始まりました。

 宍粟市共同募金委員会は、運動初日となる10月1日にAコープ山崎店、道の駅播磨いちのみや、Aコープ波賀店、Aコープ千種店にて街頭募金を呼びかけ、合計約51000円が集まりました。たくさんの方にご協力いただきました。ありがとうございました。

 赤い羽根共同募金は、みなさんのやさしさで「宍粟のまちを良くする募金」です。温かいご協力をよろしくお願いします。

 写真は、道の駅播磨いちのみやにて一宮ひかり保育所の子どもたちや参加者全員で。

添付ファイル

このページの先頭へ

マーク:お知らせ 丹波市の豪雨災害被災地へ支援活動を開始  2014/08/19

クリックでウィンドウを開きます

 8月16日から17日にかけて兵庫県や京都府に大きな被害をもたらした集中豪雨は、両府県で浸水家屋が3600棟に上りました。5年前の同時期に大きな豪雨災害を受けた宍粟市では、河川の増水や降水量は相当なものとなりましたが、幸い大きな被害に至らず安堵しているところです。

 しかし、県内で大きな災害となった丹波市については、床上浸水138棟 床下浸水1022棟(神戸新聞報道)となっており、被災された皆様に心からお見舞いを申し上げます。

 昨日、丹波市社協が災害ボランティアセンターを立ち上げる準備をしている情報を受け、本会では、「少しでも支援をしよう」ということで、取り急ぎ災害ボランティアセンター用にストックしている「新品タオル」を40?、丹波市社協へ送りました(写真)。

 本会では、丹波市社協災害ボランティアセンターや兵庫県社協からの情報に基づき、出来れば週末にかけて被災地支援のためのボランティアを送ることを計画中で、実施が決まれば、市民の皆様へ災害救援ボランティアの募集をする予定ですので、よろしくお願いします。

このページの先頭へ

マーク:お知らせ 「大阪ガスグループ福祉財団」から助成団体募集のお知らせ 2014/07/08

クリックでウィンドウを開きます

 大阪ガスグループ福祉財団による2つの助成事業について、現在申請受付中となっています。助成を希望される団体、ボランティアグループはお問合せください。

?「平成26年度高齢者福祉活動助成」
  ■助成対象の活動期間  平成27年4月〜平成28年2月まで
  ■1件あたりの助成限度額  25万円(助成総額:1,250万円)
  ■平成26年8月29日(金) 兵庫県社協必着
  【問い合わせ、申込書送付先】
   兵庫県社会福祉協議会 地域福祉部
    〒651-0062 神戸市中央区坂口通2-1-1 県福祉センター内
    ? 078-242-4634  FAX 078-242-0297

?「平成26年度高齢者の福祉および健康づくりに関する調査・研究助成」
  ■助成課題 「高齢者の福祉向上あるいは健康の維持・増進を目的とした実践的な調査・研究」
  ■助成期間  平成27年4月〜平成28年3月末まで
  ■1件あたりの助成限度額  100万円(助成総額:1,500万円)
  ■平成26年9月12日(金) 大阪ガス福祉財団必着
  【問い合わせ、申込書送付先】
   大阪ガスグループ福祉財団
   〒541-0046 大阪市中央区平野町4-1-2
   ?06-6205-4686  FAX06-6203-1028

※詳しくは、添付しております募集要項をご覧ください。

※?と?の助成事業では、問い合わせ先、申込書送付先が異なりますので、ご注意ください。

※申込書は「大阪ガス福祉財団ホームページ」(https://www.osakagas.co.jp/company/efforts/fukushi/)
よりダウンロードできます。

添付ファイル

このページの先頭へ

マーク:お知らせ 今年度の「地福祉応援事業」助成団体が決定!! 2014/06/30

クリックでウィンドウを開きます

 住民のみなさんが主体となり、地域福祉を推進する活動を支援する「地域福祉応援事業」は、平成23年度から始まり、今年度で4回目の実施となりました。
 4月から5月末日にかけて申請を呼びかけたところ、7つの団体からお申込みいただきました。
 6月25日(水)一宮保健福祉センターで行われた「審査会」には、申請された7つの団体が参加し、それぞれの取り組みについて熱く語っていただきました。
 審査の結果、7団体全てに助成することを決定しました。
 なお、今回決定した助成金は、442,000円で、助成団体と内容は別紙一覧表のとおりです。
 各団体の活動については、このホームページや社協広報紙、赤い羽根ニュース等で報告していきます。

※写真説明  活動について説明する「高齢者見守り隊ひだまり」 のお二人

添付ファイル

このページの先頭へ

マーク:お知らせ 毎月第3金曜日は“子育てサロン”です! 2014/05/19

クリックでウィンドウを開きます

 5月16日(金)、宍粟防災センターで「やまさき子育てサロン」を行いました。
 この日は、自由遊び。すべり台や絵本などを使いながら、お友達やお母さん同士ゆっくり時間を過ごしていただきました。

 毎回託児ボランティアさんも参加してくださり、子どもさんの託児だけでなく、子育て相談にも乗ってくださっています。
 たくさん遊んだあとはおやつの時間。メニューは“桜もち”です。
 毎回いずみ会の皆さん手作りしてくださるおやつも、サロンの楽しみのひとつです。

 たくさんのボランティア・講師の皆さんに協力いただきながら楽しい居場所づくりをしていきますので、皆さんご参加くださいね。
 山崎以外の方でもお待ちしています。

★次回は6月20日(金)10時〜開催します。先生をお招きして、親子体操を予定しています。(手作りおやつは「いももち」です。)

添付ファイル

このページの先頭へ

マーク:お知らせ 桜の開花と共に、新体制でスタート 2014/04/01

クリックでウィンドウを開きます

 4月1日(火)、宍粟市社協本部一宮保健福祉センターで辞令交付式を行いました。
 ※写真 森本会長から辞令交付を受ける可藤事務局次長(兼介護福祉課長)
 平成26年度から宍粟市社協では、従来の支部体制(エリア制)に加え、新しく「地域支援課」・「生活支援課」・「介護福祉課」・「総務課」の課体制を敷き、地域福祉を推進していきます。
 課体制(業務連携制)による業務の効率化と質的向上を図り、だれもが安心して暮らせるふくしのまちづくりを目指し取組んでいきます。

添付ファイル

このページの先頭へ